食べやすいおかゆダイエットで産後の体を細くする

おかゆで痩せられる?

普段の食事の一部を低カロリーなものにすることで摂取カロリーを減らすことができるのが、置き換えダイエットのポイントです。酵素ドリンクやグリーンスムージーの他、ダイエット専門の食品なども販売されていますが、食べやすくて作りやすいおかゆでも置き換えダイエットはできるんですよ。あまり食欲がない時や、赤ちゃんの世話で忙しくて食事をゆっくりする暇がない時にも、おかゆなら短時間で食べ終わることができるので、産後のダイエットにぴったりです。

いつ置き換えたらいいの?

置き換えダイエットは、一日三食のうちのいつでもいいから簡単!と宣伝されていますよね。おかゆダイエットは主食のご飯やパンをおかゆにするだけなので、栄養不足になる心配もなく炭水化物を制限するダイエットができます。一日のうち、特におかゆダイエットの効果が発揮されるのはズバリ晩御飯です。夕食は他と比べてカロリーオーバーしやすく、夜は体を休める時間帯なのでカロリーも消費されにくいからです。だからとりあえずは夕食からおかゆを取り入れましょう。

おかゆは胃腸を休める

早食いの人は満腹中枢が作用しにくいので、たくさん食べ過ぎる傾向があります。よく噛んで食べるようにしたらいいのですが、すぐに食べ終わる人はそれが一つの癖になってしまっているのです。でもおかゆは熱いので、一口ずつ食べることになって早食いを防止しますし、食べ過ぎないことで消化器官を酷使しないで済むなどのメリットがあります。胃腸を休めることで腸内環境がよくなるので、デトックスにもなるんですよ。内側からもキレイになれますね。

産後ダイエットがうまくできないために、悩んでいるケースは多いです。必ず成功したいなら、食事と運動を組み合わせることがポイントです。脂肪が少ない食事をして、こまめに体を動かしましょう。